Judge - Bringin' it down LP

¥ 2,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうメール

    全国一律・何点でも400円

    全国一律 400円
通報する
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ex-Death before dishonorのマイク・ジャッジがジョン・ポーセルを誘い結成した、世界初のメタリックSxEハードコア・バンド。Judgeがそれまでのユースクルー・ハードコア・バンドと決定的に違ったのは、メタルへの接近。確かにユースクルー・ハードコア・バンドのルーツの一つにハードロックがあったのは事実ですし、それまでもChain of strengthやBeyond、Gorilla Biscuits等、メタル的なアプローチをするバンドもいるにはいました。が、ここまで大胆にメタル・アプローチを取り入れたバンドはいなかったのです。そもそも、ユースクルーは、Agnostic
FrontやCro-magsといったバンドがクロスオーヴァー化し、ハードコアのルーツを見失っていくことへのアンチテーゼを出発点としています。が、Chung king sessionでの失敗を糧に彼らが録音環境として選んだのは、Cro-magsのThe age of quarrelアルバムの録音を手がけたJudgeはヘヴィなブレイクダウン~モッシュパートとメタルリフを織り交ぜたメタル・サウンドを聴かせたのです。たしかに、それらクロスオーヴァーのハードコア・バンド以上にメタルに接近しつつも、ハードコアのハードコアたる部分を強調するかの音楽性はクロスオーヴァーとは似て非なるものだったのですが。
ただ、Judgeが悪いわけではありませんが、やってはいけない禁じ手を犯したこのアルバム、90年代に猖獗を極めるメタルSxEバンドにヒントを与えてしまったのは事実。色んな意味でStormであったバンドでした。

ショップの評価